「3C分析」自社・顧客・競合を現状分析しよう

企業を取り巻く3つのCを考えて分析、3C分析

仕事において、実に様々な人と人とが関わりあい、お互いに干渉し合っている点が特徴です。
特に、Customer(お客様)、Competitor(競合会社)、Company(自社)の3つのCが付く存在は、仕事において必要不可欠であると言えるでしょう。
これら3つを具体的に分析して、経営資源や戦略、業績について考えていくことを、3C分析と呼びます。

分析という名前が付くと難しいかと思われがちですが、決してそんな事はありません。
3C分析は、自分のビジネスの状態を客観的に見て整理するために使われるフレームワークの1つで、初めての方でも使いやすいと言えるでしょう。
顧客の動向や顧客の意向を探り、競合会社を分析し、自社が成功するためにはどうしていくべきなのか、それぞれに分けて考える事で、今後の課題がみえやすくなるのがポイントです。

例えば特定のトレンドアイテムを扱うアパレルメーカーを例に挙げた場合。
顧客はより安く品を求めているのか、それとも有る程度の値段が高くても質が良い物を求めているのかなど、顧客の意向、顧客の臨む事を考えていきます。
顧客が自社に求めているもの、普段どんなお客さんが自社を利用して居るのか等を改めて考える為にも、非常に重要なポイントです。

競合会社に関しては、商品の取扱いはどの様な者があるのか、どんな年齢層をターゲットにしており、企業におけるメリットデメリットはどんなものなのかを考えていきましょう。
いわゆる企業分析ですが、この企業分析を行う事で、自社との違いをより一層見つめることが出来るのです。

そして上記2つのCの結果を元に、自社に関して考えていく事が大切になります。
自社は競合会社に比べてどうなのか、現状顧客の求める品を提供できているのか、今後具体的に目標にするべきはどんな事なのかなど、一つ一つを考えていくのです。
こうして分析をしていくことで、今後の業務の指針、企業の方向性が見えてくるため、何と無くそのままの状態を脱却しやすくなるでしょう。

3C分析は特に、企画担当や上の人間に必要なフレームワーク

3C分析は特に、企画担当を始め、社長などの会社を引っ張っていく存在が行うべきフレームワークの1つとして知られています。
3C分析は各種タイミングで使う事が出来ますが、やはり一番生かせるのは、今後の指針を考えるタイミング、今後の業務を考えるタイミングですので、そうしたときに、新しい商品を企画するような方や、企業の方向性を考える際に肝となるべき存在が使うべきと言えるでしょう。
3C分析は、使い方事態は決して難しく無く、多少の分析能力があれば、他者と共有をしやすいという点も、3C分析の大きなメリットとして知られています。

関連記事