匂いのマナーで魅力up!

ビジネスマンとしては匂い対策もしっかりしておきたい

男性も女性も、香水をつけすぎている人もいて、電車の中、エレベーターの中で香下状態の人と遭遇すると、気持ちが悪くなることもあります。
汗の匂いなどを感じさせないことは、男性も女性も働く上でのマナーだと思いますが、廻りの人が不快に感じるほど、香水をべったりつけるというのはお勧めできません。

体臭があることを気にして、フレグランスを多用する方がいますが、体臭を基本的に抑制しておかないと、体臭とフレグランスの香りが混ざってさらに不快なにおいとなってしまうことも少なくないのです。
ビジネスマンとして周囲の人からさわやかと感じさせるために必要なこと、体臭等の嫌なにおいをどうすれば克服できるのか、フレグランスの利用はどうなのか、よく理解しておきましょう。

体臭が出やすいところ

脇は特に強烈なにおいを発する場所として認識されている方も多いと思いますが、中にはまったく気が付いていない人もいて、周囲の人は迷惑されている事もあります。
わきがについても脇から発生するという事が多いので、自分が気付いていないだけで、周囲はかなり迷惑しているという事もあります。
制汗スプレーなどを利用する、わきがに有効な商品を利用して対応するなど、しっかり匂いの対策を練りましょう。

足の裏の匂いというのは、エクリン腺があつまっている箇所なのでかなりきつくなることが多いです。
最近は女性もブーツを多用するようになったので、足の匂いがかなりきついという人も少なくありません。
足を清潔に保つという事も必要ですが、靴を清潔にするという事も大切です。
靴の消臭スプレーなどもありますので、靴のケアをしっかり行う事が必要です。

実は頭皮からも油臭いにおいがして、これが親父臭といわれることもあります。
頭皮は皮脂が分泌される場所なので、不潔にしているとすぐに匂うようになりますし、シャンプーでしっかり汚れを除去していないと、かなり強くにおいます。
頭皮の匂い、頭髪の匂いなどもありますので、夜、しっかりその日の汚れをシャンプーして落とす習慣をつけましょう。

口からの匂いは特に歯周病によってにおうという事が多いようです。
本人が気が付かないことが多くこれも加齢によってひどくなることがあります。
健康診断で糖尿病の予備軍とされている人は、歯周病となっている事もありますので、糖尿病の治療と共に歯科で歯茎の状態をしっかり見てもらう方がいいでしょう。
また、タバコを吸われる方は、自分が思っているよりもずっと、口臭がひどくなっていることがありますので、喫煙者用の歯磨き粉などを利用する、また歯石を除去するなどの対応が必要となります。

匂いに対してフレグランスで隠そうとたっぷりつけてくる方も少なくありませんが、男性も女性も、フレグランスのつけすぎは周囲の方に迷惑です。
自分がいい香りだと思っていても周囲の人にとって不快なにおいという事もあります。
自分の匂いが気になるという事なら、まず、体臭や口臭を無くすという事から考えましょう。

関連記事