薄毛対策ができるメンズヘアケア

薄毛に悩む男性が多くなっている

元々薄毛というと男性に悩む人が多いのですが、現代はその数が増加しているといわれています。
女性も薄毛に悩む方が多くなっていて、ストレスの関係や食生活の関係などいろいろなことが要因となっているといわれていますが、男性の場合、男性型脱毛症などが要因となっている事もあります。
できれば、頭皮の状態がどのようになっているか、メンズヘアサロンなどでヘアケアなどを行っている所、もしくは薄毛治療を行っている専門クリニックなどで一度、頭皮の状態を確認してみるといいでしょう。

薄毛の要因の一つに頭皮の汚れによるダメージなどが考えられます。
薄毛にならないように予防するという事を考えても、汚れをしっかり除去する、しかし頭皮に必要な皮脂は残しておくことが必要となるので、汚れは落としても、頭皮に必要な皮脂は除去しない、薄毛用のシャンプーなどを利用するといいでしょう。

基本的にシャンプーは夜間に行う事

朝にシャンプーするという人も多いのですが、薄毛の予防という事を考えると、夜しっかりその日の汚れを除去するという事が必要です。
朝は頭皮の毛穴が開いている状態なので、その状態でシャンプーすることによって頭皮を保護する皮脂を除去してしまうことになりますし、毛根にダメージを与えることも考えられます。

そのため、髪の毛の成長が促される成長ホルモンが最も分泌される夜間、10時から夜中の2時半くらいまでの間、頭皮がいい状態でいることが求められるのです。
髪の毛にいい栄養素がしっかりいきわたるように、キレイに汚れを除去し、頭皮の状態をいい環境にしてから成長ホルモンがでる時間帯にしっかり睡眠をとる、これによって薄毛の予防になります。

シャンプーの前にしっかりブラッシング

薄毛という状態になると、ブラッシングで髪の毛が抜ける事が嫌という人も多く、ブラッシングしない方も多いのですが、これは逆効果です。
ブラッシングすることによって頭皮についたその日の汚れ、余分な皮脂を落としやすくなりますし、シャンプーを行ったときの洗浄効果が高まります。

ブラッシングによって頭皮に適度な刺激があることで頭皮の新陳代謝がよくなり、血行促進につながります。
またブラッシングの刺激によって皮脂が頭皮に運ばれるため、頭皮の環境がよくなり髪の毛に適度な潤いが戻ってきます。

ブラッシングを行う際には、天然毛のいいブラシを利用すると効果も期待できます。
目の細いブラシなどは効果が少ないので、目が詰まっているロールブラシなどが適しています。

シャンプーの仕方

頭皮をぬるま湯で充分ぬらし、手にシャンプー液を適量泡立てて、しっかり泡立ってから頭皮に塗布します。
指の腹を利用して頭皮をマッサージするように優しく丁寧に、時間をかけて洗い、しっかりシャンプー液を洗い流します。
この時すすぎが足らないと毛穴が詰まる要因となりますので、しっかり洗い流します。

タオルドライしたらドライヤーで頭皮、髪の毛を十分乾燥させ、湿気がないようにします。
こうすることで、のちに育毛剤などを塗布するときしみこみやすくなりますし、頭皮環境もよくなるのです。

関連記事