「結婚したくない」と思われる男性の特徴

パートナーにふさわしいかどうか

最近では、テレビでも婚活番組があったりするように、結婚ということが大きなテーマになってきています。
女性と付き合っていても、長続きしない人が多かったりするため、こうした番組もかなりの視聴率になったりするのです。
ですが、根本的にNGである自分の問題を棚上げしていても、いつまでたっても前に進むことはできません。

こんな人は結婚の対象としたくはないという典型例はいくらでもあるでしょう。
自分がそこに当てはまっているのかどうか、まずは考えてみることが重要なのです。

生活ができない相手とは結婚できるはずがない

女性にとって、結婚相手として問題なのは、収入が多いか少ないかよりも金銭感覚が壊れていることでしょう。
パチンコやギャンブルなどにはまり、収入がなくなってしまう人は結婚相手として認めることはできるはずがありません。
専業主婦になるかならないか以前に、こんな相手と生活すれば破たんすることがわかっているからです。

もちろん、生活ができないときには借金をしているのではないかと疑うでしょう。
あまりにリスクが大きい相手で、結婚など考えられるわけがありません。

収入が少なくても、お金がないと繰り返す人もダメでしょう。
稼ぎが少ないのなら、支出を抑えるなり、収入を増やすなり考えるのが大黒柱です。
そんなこともできない、しないという人が結婚相手になるかどうかは、必然的にわかるでしょう。

一緒に生活するという意味を考える

結婚するということは、一緒に生活していくことになるのですから、極度の潔癖症の人も結婚には向きません。
こうした人は、自分の生活方法しか許容できないのですから、結婚を考えること自体がナンセンスなのです。

一緒に生活するということは、相手を許容するということになるでしょう。
受け入れることができない潔癖症は、一生自分一人で納得がいくように生活するしかないのです。
相手にも同じような価値観を求めること自体が無理なことだと自覚しましょう。

同じように、炊事も洗濯もなにもできないという人も、一緒に生活することは難しいものです。
何もできるということが大事なのではありません。
一緒に生活するのですから、できなくても手伝うぐらいの姿勢が必要なのです。

相手の気持ちも理解できることが重要ですので、子供が嫌いとか子供はいらないという人も結婚はできません。
ただし、何か理由があって子供がいらないということは別の問題です。
もしも、彼女は子供が欲しいと思っているのであれば、こんな男はとっとと捨てて別のところに行ってしまうでしょう。

頼りがない男というのも、結果的にはうまくいきません。
無駄にでかくなるといい続け、転職を続けていく人や、家内もしない夢ばかり追いかけている人は、一緒に生活はできないでしょう。
一緒に生活をして将来を作って行くのですから、夢を持つことも現実を見て行っていかなければいけません。

結婚することができないような男性は、どこかに当てはまる部分があるでしょう。
見た目に問題があることもありますが、一緒に生活することができないような問題のほうが、よほど大きな壁になっているのです。
自分自身を見つめなおし、何がダメなのか考えてみることが必要でしょう。

関連記事