”一緒にいて心地よい男性”の特徴とは?

結婚に向いている男性像

結婚を含め、一緒にいたいという男性は居心地がいいと感じる相手です。
これは男性から見ても同じことですが、そういった感覚を持つことができるかどうかが重要な分かれ目となるでしょう。
感覚的に合わない相手は、どんなにかっこよくても、お金持ちであってもうまくいかないからです。

感覚が合うということは、理論ではないということもあるでしょう。
なんだかわからないけど、どこかであっていると思うこともありますが、明確にここということがわかったりすることだってあるのです。
そんなポイントを知っていると、自分を磨くこともできるようになるでしょう。

同じ波長を持っているかどうか

好感を持てるポイントとしては、タイミングということが挙げられます。
話し始めるタイミングや、話を聞くタイミングなど、同じ波長があればやはり合う相手であると感じられるでしょう。
逆に話し始めるタイミングを壊してしまったり、まったく聞く姿勢を見せないようでは、相性が合うことはあり得ません。

会話をするということは、何よりも重要なことです。
お互いを知るためにも、タイミングを考え、相手に配慮していくことが求められるでしょう。

会話ということでは、嘘をつりする人は、居心地がいいわけがありません。
信頼することができないのですから、相手にしたくもなくなってしまうでしょう。
二人で秘密にしていることも、気がついたらどこかにしゃべられているかもしれないのです。

嘘をつくということは、根本的に信用ができません。
一時的には居心地がいいと感じることもあるかもしれませんが、だんだんと不快になって行くことでしょう。
信頼関係があってこそ、居心地の良さを感じるようになるからです。

素の自分を受け止めてくれるのか

お笑いの人などがいうようになって一般的になりましたが、笑いのツボが一緒ということが挙げられるでしょう。
同じタイミングで、同じことを楽しむことができることは、共感を生んでいきます。
だんだんと居心地がよくなって行くのも、こうした共感できる時間があるからなのです。

共感という意味でも、包容力があると同じ考えを持とうと思うようになるでしょう。
わがままでも受け止めてくれる度量や包容力というのは、居心地がよく感じるものです。
わがままを聞いてもらえなくても、笑いながらさとしてくれたりすれば、やはり共感することとなり居心地の良さを感じることができるでしょう。

結論的に考えれば、素直に自分を受け止めてくれ、それに共感できるかどうかということです。
着飾った自分ではなく、素の自分を受け止めてくれるかどうかが居心地につながります。
変にプレッシャーを感じたりすることもなく、素直に時間を過ごせるからこそ、一緒にいたいとも思うからです。

関連記事