良いメンタル状態を保つ為の気持ち整理術

仕事につきもののストレス

仕事ということを考えた場合、何もストレスを感じないということはあり得ません。
多かれ少なかれストレスを感じ、たまっていくものなのです。
人間関係もありますし、業務からくるプレッシャーもあるでしょう。

逆にいえば、ストレスがないということは、まず仕事ではありません。
管理をし、利益を上げるということを考えていけば、必ずどこかにストレスの原因があるはずで、だれもがストレスに耐えながら仕事をしていることでしょう。
問題は、このストレスをどう整理し、解消するのか、その処理にポイントがあるのです。

企業としても重要になってきているメンタルヘルス対策

ストレスの管理を最近ではメンタルヘルス対策と呼ぶことも出てきました。
企業にとっても非常に重要なポイントとして抑えられるようになり、下記のようなサイトも出てきています。
>>コンサルアカデミー

健康ということを考えても、どうやって対応するかがポイントとなります。
下記のサイトでは、どんな刺激が問題なのかを解説したりしていますので、参考にするといいでしょう。
>>ダイヤモンド・オンライン

ストレスというものは、どうやって整理して行くのかということが重要になってきます。
いろいろとありますが、下記のサイトを読むと、限界点というところがわかるはずです。
>>ライフハッカー[日本版]

整理してストレス耐性を身につけていく

ストレスを減らすためには、整理して行くことが重要であり、問題を解決していくことがポイントです。
そのためには、失敗することを考えるのではなく、成功することをイメージしていくことが必要となります。

失敗すると考えると、人間はそうならないように守ることを考えるため、必然的にストレスとなるでしょう。
成功をイメージできれば、道筋がはっきりし仕事も成功しやすくなりますし、ストレスも減らすことができるのです。
ポジティブシンキングは、ストレス耐性の第一歩といえます。

最近の仕事でストレスがひどいと思うのであれば、何が問題なのかその要因を書きだして整理します。
ストレスになっていることがわかっていても、意外と原因が見えていないため、対処できないからです。

いっそ忘れてしまうということも必要でしょう。
ストレス耐性の低い人の特徴は、会社を出ても仕事を抱え続ける人でしょう。
常に問題に身をさらしているため、ストレスから逃げることも切り離すこともできないのです。

ストレスから意識をそらすことにより、心身にかかる負担を減らすことができるでしょう。
自然とできるようになってくると、発散できるようにもなって行きます。
仕事も充実していきますし、プライベートでも明るく過ごすことができるようになるでしょう。

問題はだれでも抱えているものです。
休養を取ったりするのも必要ですが、うつ病になったりしないようにするためにも、日常から耐性をつけられるようにしていくことが重要といえるでしょう。

関連記事