「SWOT分析」自社の戦略を分析しよう

SWOT分析で、的確な自社分析を行う

業績アップを初め、企業が成長するためには、自社を見直し、自社を成長させていくことが何よりも大切です。
自社を見直しする方法には色々とありますが、より効率的に自社の見直しを出来る方法として挙げられるのが、SWOT分析になります。

SWOT分析は、自社分析をする際に非常に有効な分析方法として知られる、フレームワークの1つです。
自社の強み、弱み、機会、脅威のそれぞれの頭文字を取って並べた「「のがSWOTで、その名の通り、自社の現状を分析し、今後のビジネスチャンスを掴むためにどうしていくべきか、成長していくためにどうしていくべきかを、効率良く分析する方法といえるでしょう。

SWOT分析を行う際にはまず、外部環境と内部環境の2つに分けて、自社を取り巻く環境を分析していくことが大切です。
外部環境には例えば、競合会社の状況を始め、政治経済、業界環境など、自社の努力では変えることが出来ない外部の環境のことを指します。
こうした外部環境は、SWOTで言うところのOの部分とTの部分、すなわち、機会と脅威に当たる部分として、顧客のニーズなどを分析する際にも必要不可欠です。

反対に内部環境は、SとWの部分、自社の強みと弱みの部分を指し、自社で努力して改善が可能な部分になります。
自社のメリットデメリット、どんな部分が良く、どんな部分を改善していかないといけないのかを客観的に見て、外部環境に合わせて、結論を出していくことが必要となるでしょう。

これらの内部環境と外部環境の分析が終わったら、外部環境に合わせて、今後内部環境をどうしていくべきか、仮説を立てていきます。
例えば新商品を販売するという際に、まずは外部環境を考えて、売れやすい商品作りを行うために必要なポイント、どんな商品が求められているのかを冷静に分析していくのです。

次に、自社はその為に何をしていくべきなのか、どんな事をしていくべきなのかを考えて、内部環境、すなわち、商品作りを進めていきます。
こうして外部環境に合わせて内部環境の見つめ直しを行う事で、より効率良くマーケティングを成功させることが出来るのです。

他のフレームワークと合わせて活用してもOK

SWOT分析のフレームワークは、場合によってはどうしてもぶれてしまいがちです。
より安定して分析を行うためには、PEST分析やイノベータ理論など、各種フレームワークを合わせて行うと、より自社の状況を客観的にチェックし、他の企業との状態を把握する事が可能になるでしょう。

1つのフレームワークしか使ってはいけないということは決して無く、より詳細な分析結果を得るためにも、合わせ技は欠かせません。
色々と分析を行う事で、より良いマーケティングを行なえるようになるでしょう。

関連記事