あなたは大丈夫?こんな「金銭感覚」の男は女性に嫌がられる!?

一緒に暮らす相手

女性が結婚相手に求めるものはいろいろとあるでしょう。
しかし、生活ということを考えた場合、金銭感覚の違いは決定的に受け入れられない理由となるのです。

金銭感覚というものは、自分では当たり前と思っていても、一緒に暮らす相手から考えればあり得ないということも珍しいことではありません。
もっと自分を見つめ、本当にそれでいいのか、感覚を見なおしてみることも必要でしょう。
お金をばらまくような相手は、遊び相手としてはいいですが、一緒に生活するのならふざけるなと思うものだからです。
下記のようなチェックポイントもありますので活用してみるのも一つでしょう。
>>HappyLifeStyle

金銭感覚が近い人を求めているというのは、下記のようなサイトにも表れているでしょう。
自分が思っているよりも、もっと自然な範囲であることに気がつかなければいけません。
>>婚活ナビ+(プラス)

結婚する前は良かったけれど

現代で宵越しの銭は持たないなどといっている人は、やはり金銭感覚が破たんしています。
給料が多いからいいだろうということではありません。

そんな無駄なお金があれば、貯金の一つもして、何かあったときに備えられるような人でなければ、一緒に生活できないでしょう。
そんなルーズな人は、結婚相手として不適格であるといわれても致し方ありません。
もちろん、飲みに行ったときに、本当に大盤振る舞いをしてしまうような人は、結婚以上に自分の性格や立場をよく考えなければいけないでしょう。

ずれているということでは、趣味につぎ込みすぎてしまう人も、受け入れてもらえなくなります。
趣味で何かをすることは悪いことではありません。
ですが、彼女が理解することもできない趣味に大金を注ぎ込むような男性と結婚したいでしょうか。

その趣味が、将来につながるのであれば許容もしてもらえるでしょう。
たとえば、フィギュアをまとめ買いしたり、ゲームばかり購入するような人を相手にするほど女性は寛容ではありません。
自分の趣味を理解してと思うのであれば、理解してもらえる範囲に抑えることが必要なのです。

客観視できない人は金銭感覚もおかしい

自分自身を客観的に見ることができない人は、結婚しても不幸になるでしょう。
その点で、ブランド品で身を固めるような金銭感覚は非常に危険です。
身だしなみを整えることは必要ですが、ブランド品ばかり買う人は、中身を見ずにブランドを購入しているにすぎません。

客観視しすぎている人も問題です。
お金がないことがわかっていても、飲み会などに出席し支払いで消えてしまうような人がいます。
こうした人は、結果的に生活でもお金を出しませんし使いません。

必要なものであっても、自分のお金を出さずに生活しようと考えることでしょう。
結婚しても変わりませんので、相手として選ばれることはないと自覚するべきです。

ギャンブルにはまっている人も、しょせん客観視できていない人といえます。
自分のお金を使い、適度に遊ぶのであれば、ギャンブルもストレス発散に効果を上げてくれるはずです。

しかし、過剰にのめりこんでしまう人は、自分が置かれている立場や状況を理解できない人といえます。
こうした人は、いくらお金を持っていても使ってしまいますし、生活を考えずにつぎ込むことも出てくるのです。
こんな人と結婚できるわけがないのは自分でもわかるはずですが、客観視できないのでなんでだろうと思ってしまいます。

金銭感覚は、客観的に自分を見ることができれば、容易にわかることなのです。
それができない人は、どんなことを言っても結婚生活はうまくいきませんので、敬遠されていく方法にあるのは必然であるといえるでしょう。

関連記事