クレジットカードの選び方と使い方

便利だけど……

お金がある程度自由になってくると、クレジットカードを作ったりするようになるでしょう。
確かに便利なもので、現金を持たなくてもいいメリットがあります。
その反面で、実感がなく、いったいいくら使っているのかもわからないことがよくあるのです。

クレジットカードは便利で、使ってしまうでしょう。
インターネットを使っていると、簡単に使うことができるのも魅力です。
リボ払いにしたりすることも用意で、どうしても感覚がくるってきます。

毎月定額を支払うことができるリボ払いは、安易に思ってしまうことでしょう。
ですが、金利は高くなりやすく、返済金額も多くなってしまうのです。
思っている以上に負担になってしまうのが、リボ払いであることを忘れてはいけません。

お得だから使うという意味

クレジットカードがあることは、何も問題なのではありません。
便利なことは間違いないのですから、使い方と選び方に問題があるのです。

クレジットカードを使うということは、一時的でも借金をしているということを忘れてはいけません。
必ず返済がついてくるのですから、返済資金の有無を考え利用することが必要なのです。
つまり、お金がないからクレジットカードを使うのではなく、返済するのも問題がないし、ポイントなどもついてお得だからクレジットカードを使うということになるでしょう。

クレジットカードのメリットは、割引を受けたりすることだけではなく、ポイントがつくということもあります。
このポイントもうまく活用することにより、商品券にしたりすることができるのです。

割引も上手に使えば、現金よりもはるかに安く購入することができるでしょう。
インターネットを活用して、買い物にかかるような無駄な時間も減らすことができます。

年会費に関しても、うまく選べば無料のものを見つけることができるでしょう。
意外と負担になりますので、無料のものに限定することも必要です。

どんなきれいごとを並べても

クレジットカードを使う際には、本当に返済できるのかを客観的に判断する必要があるでしょう。
たとえば、ライフプランをしっかりと票にして、いったいいくら返済できるのかを判断してみましょう。

収入と支出のバランスを見ていくと、クレジットカードを使っていけるのかどうかを判断することができるはずです。
その結果、余裕がないというのであれば、できる限り使わずに済ますことも検討するべきなのです。
クレジットカードは、どんなきれいごとを並べたとしても、しょせん借金であるということを忘れないことが重要だといえるでしょう。

関連記事